メイドとバトラーカフェ ー バンガロール


日本のアニメと漫画が好きだとメイド喫茶 (若しくはメイドカフェ)やバトラーズカフェを聞いたことがあるかもしれません。そのカフェで、メイド(若しくは バトラース)服姿のメイド(バトラース)に扮した給仕が、家事使用人のように振る舞い、お客様がその主人として待遇を受けます。

世界中にアニメと漫画の人気が高まるにつれて、コスプレも日本以外にも人気になりましたーそしてインドにも。バンガロールにもアニメが好きな人がいます。その多くはバンガロールアニメクラブ(BAC)と言うクラブの一員で、コスプレすることが好きな人でもありますでもいます。コスプレすることがないBACの一員であるA.J. Prithvirajさんは、「Japan Habba」や「Cosplay Walk」のような様々なイベント以外のイベントを開催したいと思っていました。こうして、メイドアンドバトラーズカフェのアイデアが生まれました。

興味のあるコスプレイヤーのグループが結成されました。その後、多くの話し合いの後、Prithviraj君はSamaksh君とShreeshaさんと共に、イベントを主催するために日本料理レストランであるハリマ (https://www.facebook.com/Harima-Restaurant-1878347962418357/)、のマネージャーの許可を得ることができました。

ハリマのマネージャのPradeep Bohraさんは “Prithviraj君が初めてこのアイディアで私たちに持ちかけたとき、私たちは納得しませんでした。このグループはコスプレをすることに熱心であったがコスプレの経験がない学生だけから成り立っていました。そして予想通り、彼らは誰もレストランで働いた経験がありませんでした。 食べ物や奉仕を含むイベントにもスペースを貸すことは、ハリマの評判も反映しているので、考えるの時間が必要でした”と言いました。

グループのコスプレするだけでなく、どのようにうまく奉仕するかを学びたいことの熱意を見て、そして社内での話し合いの後、ついにはレストランの広場でイベントを開催することにしました。

Boharaさんは「強いブランドに支えられていない時、このようなイベントを企画する上で学生グループが直面する困難を認識していた」と述べました。

BACのメンバーのAksharaさんからこのイベントについて知るようになりました。彼女は、興味を持ったコスプレイヤーがイベントについて話し合っていたWhatsappグループに私を追加しました。

バンガロールに住んでいる日本人、堀さんも、このイベントを支援することに興味を示しました。彼は、メイドのコスチュームを日本から買うこととこのコスプレイベントの参加者に手頃な価格で貸し出すことを申し出ました。執事の衣装に関しては、必要とされた唯一のものは長い執事のコートでした。たくさんの探した後、そのようなコスチュームが貸し出されていたコラマンガラで店が見つかりました。

メニューに関しては、ハリマは本格的なレストランであるため、イベントメニューはカフェのためのものになるように計画されなければなりませんでした。ハリマができることに基づいて、メニューが決定されました。

そして、日付(2019年4月20-21日)が決まり、すぐにポスターを作りました。

コスプレイヤーは全員コスプレする準備ができていましたが、奉仕のエチケットはどうですか?ハリマのスタッフは忙しくてもコスプレイヤーを研修するために時間をかけました。

Boharaさんは、コスプレイヤーは非常に把握が上手だったので、彼らにそれを教えるのはそれほど大変ではないと述べました。

イベント当日まで、若いコスプレイヤーは練習のために様々な場所で集まりました。ハリマスタッフは、コスプレイヤーが非ピーク時にレストランで練習できるようにしました。

衣装がバンガロールに到着した後、コスプレイヤー、堀さんと私はコスプレイヤーが衣装を試着するためにMG Roadの近くで会いました。一度メンバーたちが衣装を着たならば、私達がそれらを取り戻すのは困難でした!

可愛いね!!!

当日の朝から、私はたくさんのメッセージが交換されるのを見て、コスプレイヤーの興奮を感じました。私は日本雑貨屋台で堀さんを助けることになっていましたが、私はカフェの周りを歩き回り、写真を撮り、そしてお客さんと話しました。

ソーシャルメディアでポスターが共有されていること以外、このイベントの宣伝はあまり行われていません。「お客さん」の殆どの人は、コスプレイヤーの友人でした、又はFBやwhatappのメッセージにイベントについて読んだ人でした。

日本のお客さんもいました、彼らのうちの2人は私に彼らの考えを知らせてくれるほど親切な人もいました。

彼らの一人が述べたように、クロスドレッシングコスプレを見ることは彼にとって興味深いものでした – Prithivi君はメイド服姿を着ました. 彼はまた、インドで日本のアニメによって得られた人気について知って幸せでした。彼はまた、インドで日本のアニメの人気が高まるについて知って幸せでした。より軽い口調で彼は、ウェイターとウェイトレスは非常に丁重でしたがプロ意識の欠如しましたと述べました. 後に、ウェイターとウェイトレスが初めてコスプレをして働いている学生であると話したとき、彼はかなり驚いていてプロ意識の欠如を気にしませんでした。彼はまた、その経験は日本のメイドカフェのそれと似ていたと述べた。

Audio

Boharaさんが観察したように、コスプレイヤーはテーブルをうまく整理しました、しかし彼らはお客さんを歓迎する準備をしている間、彼らはある詳細を見落としました. 彼はまた、イベント中にコスプレイヤーは元気いっぱいで、彼らは一生懸命働いたと述べました。彼は特にAyushとSamakshが階段を昇り降りして注文を台所に持ってきて、食べ物をサービングエリアに持って行っているのを見たと述べた。

タケヤマさんにとっては、メイド/バトラーカフェに来るのは初めてでした。日本にあるのは東京だけです、そしてタケヤマさんは東京在住ではないので、彼は以前に一度もメイドカフェに行ったことがなかったです。彼は若いインド人がアニメや漫画に興味を持っていることを知って驚いて幸せでした。

最初に来たグループは(私が正しく覚えていれば)Soham、Arunil、そして彼の友人たちでした。このグループは非常に熱心でとても陽気でした。彼らは、堀氏が被ってみるために貸し出していた可愛いヘアバンドを身に着けていただけでなく、正しい表情でポーズをとるのに十分スポーティでもありました…。

Arunilは後で彼と彼の友人が素晴らしい経験をしていて、このイベントの一部であることがうれしいと私に言いました。 「メイドカフェの環境を感じるのはユニークな経験でした。」と彼は言いました。私たちはさまざまな人々との出会いをとても嬉しく思いました。」

他のお客さんの中には、初めて日本食レストランに来た若者たちの別のグループがいました。「Japan Habba」やジャパニーズフードフェスティバルのようなバンガロールでの様々な日本のイベントで日本食を食べたことがありましたが、日本食レストランに行ったことは一度もありませんでした。彼らがついに来た理由はこのイベントのためでした。

美味しい日本料理を食べる間に、他の多くのお客さんも様々な日本のヘアバンドを被ってみました。猫ミミはもちろん最も人気がありました。

このイベントはバンガロールでは初めてのイベントですが、それでも多くのお客さんが来ました。イベントは完璧ではなかった、しかしイベントで再度開催されれば、同じお客さんがまた来ることを期待できます。コスプレイヤーはこの経験から多くのことを学び、次回はもっとうまくできると確信しています。コスプレイヤーはこの経験から多くのことを学び、次回はもっとうまくできると確信しています。

みんなにおめでとうございます!次のイベントを楽しみにしています。

イベントの写真:準備

イベントの写真:サービング

イベントの写真:ポーズをとっている

PS: このブログを校正してくれて、堀さんに感謝しております

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s